谷中ホテルとは

シェアして住んでいる古い一軒家の一室をホワイトキューブに改造しました。四畳半の小さな私設展示室です。2005年10月に坪井あやが自作を実験/公開するために開設しました。
自分の”現実感”を謎ということにして、主にテキストと日々記録している画像をてがかりに考察を進めています。自分の限界を超えることを目的として、不定期に展示という形に構成し、公開して近隣の方々にコメントを頂こう、というプロジェクトです。

毎回、展示室には任意の部屋番号がついています。仮想上では、これまでに開室したすべての展示室が1つのホテルに格納されていき、最終的には意味を成す楼閣ができることを期待して、このプロジェクトを「谷中ホテル」と呼んでいます。

ご覧頂く際には、1人で入室していただいています。展示に影響のない範囲内で好きなだけ好きな姿勢で好きなようにご覧いただければと思います。

また、毎回入り口にて短いテキストを配布しています。概ね自分が何を目的として何を材料にして何を試みたのかを記したものになっています。入室される方には、自分の感覚を頼りに感じてもらうことをお願いするわけですが、そこからなんらか思考を組み立てたいと思った場合に備え、行った実験の条件/スペックを記しておく必要があると思うためです。もちろん体験していただくことが目的なので、読まなくても特に支障はありません。

機会がありましたらぜひお立ち寄りのうえ、コメントいただけましたら幸いです。

->過去の展示室一覧(トップページ)へ